「十三名山と八峠」選定発表会!


西会津十三名山と八峠」選定発表会が12月11日、西会津町の道の駅にしあいづ交流物産館よりっせで開かれました。名山では西会津最高峰の「疣岩山」など、峠は明治11年に英国の女性冒険家イザベラ・バードが茶屋に2泊した「車峠」などが選ばれました。主催した「西会津ぐるっと山ネットワーク」では、来年度から、選定された山や峠のトレッキングツアーを計画しています。 選定発表後、日本山岳会永年会員で日本三百名山全登頂を果たした豊島洋一氏が、西会津山岳 里山の魅力を訪ねて」と題して講演しました。 質疑では参加者から「なぜ13と8なのか?」という質問があり、薄代表は「日本は古くから13と8は縁起の良い数字とされていた。また会津では柳津町の虚空蔵様への十三子参りなど、十三は特に大切にされてきたのでこの数字を採用した。」と説明しました。 西会津十三名山と八峠 選定結果はこちら


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square